世界設定

【世界設定】大陸についてまとめてみた!

惑星ハイデリンの大陸はどうなっているのか、世界設定本を参考に、自分なりにまとめてみました!

スポンサーリンク

大きな3つの大陸について

惑星ハイデリンには大きな3つの大陸が存在しています。

地球にもユーラシア大陸などがありますね。それと同じイメージ!

三大州

イルサバード大陸を中心として、オサード小大陸とアルデナード小大陸が並び続く大陸を「三大州」といいます。

参照リンク:マップ FF14 Online Wiki

三大州は惑星ハイデリンの北半球に位置していて、世界最大の陸地面積を誇ります。

南方大陸 メラシディア

南半球に位置しているのがメラシディアと呼ばれる大陸。ほとんどのことが判明していないロマン溢れる大陸です。

第三星暦時代、三大州ほぼ全域を支配下に収めていたアラグ帝国が南方遠征に乗り出しました。

先住種族との死闘の末に、アラグ帝国が南方大陸を支配下に収めた歴史があります。

ここの話がとても面白くて大好きです。いつかまとめてみたいな。

新大陸

アルデナード小大陸の西、海を越えた先には「新大陸」と呼ばれる大陸が存在しています。

第六星暦時代、冒険家であるケテンラムが西方海域を突破したことで発見されました。

新大陸には「マムージャ蕃国」と呼ばれる巨大国家が存在しています。行ってみたい!

 

アルデナード小大陸について

三大州の西に位置しています。

リムサがあるバイルブランド島などの島々と合わせて、エオルゼアと呼ばれる文明圏を形成しています。

生命の生存に適した土地が多いため、古の時代から多くの種族がこの地に流入し、文明の勢いも盛んです。

その反面、異なる民族や部族が集まることで争いが多発する傾向もあり、栄えることと衰えることの入れ替わりが激しい一面も持っています。

 

イルサバード大陸について

三大州の中央にある広い大陸がイルサバード大陸。

ガレマール帝国の支配下にあります。とにかく広い。

帝国は海洋進出には消極的で、海軍戦力も不足がち。なので南方航路と呼ばれるルートを使えばエオルゼアから東方へと向かうことが可能です。

 

オサード小大陸 (東方)

三大州の東に位置するオサード小大陸。

周辺の島々も含めて「東方」地域と呼ばれています。

ひんがしの国は東の果てにある列島。玄関口であるクガネが築かれているシシュウ、国の都ブキョウがあるコウシュウが存在しています。

 

近東

イルサバード大陸の南に面する豊穣海、その沿岸地帯と、洋上に浮かぶ島々を「近東」地域と呼んでいます。

大きな島がサベネア島で、この島にはラザハンという都市国家が存在しています。

国際港として開かれているので、いつか行く機会があるかもしれません。楽しみ!

 

北洋諸島

アルデナード小大陸の北に面した海を越えてさらに北へ進むと北洋と呼ばれる海原が広がっています。

そこには島々が点在しており、代表的なのがシャーレアン (赤矢印) とエルスレント諸島 (青矢印) 。

シャーレアンは学術都市であり、高名な教育機関がいくつもある知識と理性の都市。

エレスレント諸島はゼーヴォルフ族 (ルガディン族) が拠点として暮らしています。

 

さいごに

こうして見ると世界は広いですね。まだまだ未開の地だったり行けない場所がたくさん!

設定を知っていれば、よりゲームを深く楽しめます。ではでは!

-世界設定

Copyright© うぃんのFF14攻略ブログ , 2020 All Rights Reserved.