ジョブ関連

【占星術師】カードの効果・使い方について!

占星術師のカードについてまとめました!

スポンサーリンク

カードの効果について

カードの種類は複数ありますが、効果は全て「与ダメージ上昇」です。

カードに合ったジョブに付与することで、効果量が3% → 6%になります。

アーゼマ 近接DPS
オシュオン 近接DPS
ハルオーネ 近接DPS
世界樹 遠隔DPS
サリャク 遠隔DPS
ビエルゴ 遠隔DPS

カードはDPSに付与するのがベスト!

カードの覚え方

アーゼマは近接に~などは覚えなくて大丈夫。

カードを囲む枠の色で選別できるのでぜひ。

青色であれば近接DPSに。

 

紫色であれば遠隔DPSに!

 

カードを使う流れについて

ドローでカードを引き、プレイで付与する流れです。

 

シンボルについて

カードを付与すると赤丸で囲んだマークが付与されます。このマークのことをシンボルと言います。

アーゼマ 太陽
世界樹 太陽
オシュオン
サリャク
ハルオーネ
ビエルゴ

どのシンボルが付与されるかはカードによって決まっています。

このシンボルも「アーゼマは太陽で~」などと覚えなくて大丈夫。

引いたカードにはシンボルが表示されています。ここを見て選別していこう!

 

シンボルを確認しながら「太陽、星、月」のシンボルを集めていきます。

 

シンボルを集めるとは

シンボルを集めて「ディヴィネーション」を発動させます。

効果はパーティメンバーの与ダメージを上昇。シンボルが~の箇所も簡単なので安心を。

効果量について

シンボルが1種類のときの効果量 4%
シンボルが2種類のときの効果量 5%
シンボルが3種類のときの効果量 6%

効果量が最も高いシンボル3種類を目指します。

 

シンボルを集める流れ

シンボルは戦闘状態でないと付与されないので注意。事前に準備はできない仕様です。

ドローで引く → プレイで付与

アーゼマを引きました。近接DPSに付与します。

 

アーゼマを使用したので太陽のシンボルが付与されました。

シンボルを選別する

ここから選別していきます。

いま付与されているシンボルは太陽。次は星か月を集めたい。

サリャクがきました。遠隔DPSに付与します。

 

これで太陽、月のシンボルが集まりました。残るは星のシンボル!

 

きました、星のシンボルであるハルオーネ。

近接DPSに付与してシンボル集め完了。ディヴィネーションを発動します。

範囲は「自身を中心に15m」なので、メンバーみんなに付与できる位置で発動しよう!

 

目当てのカード (シンボル) が引けなかった場合

リドローも使い切り、目当てのカードが引けなかった場合。

画像の状況を例に。

ここでハルオーネを付与するとシンボルはこうなり、ディヴィネーションの効果量は5%に。

できれば最大である6%で発動したい。

マイナーアルカナについて

そんなときに便利なのがマイナーアルカナ!

ドローしたカードを変化させることができます。

 

近接向けカードを変化させると、同じ近接向けの効果である「クラウンロード」に。

 

遠隔向けを変化させれば、同じ遠隔向け効果である「クラウンレディ」に。

目当てのカードが引けなかった状況では、このマイナーアルカナが役に立ちます。

 

マイナーアルカナを使う

リドローも使い切り、目当てのカード (シンボル) がこなかった状況です。

引いたオシュオンに注目。マイナーアルカナを使います。

オシュオンがクラウンロードに変化しました。

ポイントなのは次。このクラウンロードを付与してみます。

変化させたカードは、シンボルが付与されることはありません

シンボルを上書きしないためにも

シンボルは集めたけどディヴィネーションが使えないとき。

 

ここで引いたカードを使ってしまうと、集めたシンボルが上書きされてしまいます。

 

ディヴィネーションは使えないけどシンボルは準備できているとき、引いたカードはマイナーアルカナで変化させて付与しよう!

追記、引いたカードが自動で変化するように変更

パッチ5.1で変更がありました。

カードを引いた → マイナーアルカナで変化 → メンバーに付与

変化させる手順が省略されたので、付与したいメンバーにマイナーアルカナを押すだけで完了します。

 

さいごに

占星術師は回復、攻撃、そしてカードを使った立ち回り。

とっても難しいです。ではでは!

-ジョブ関連

Copyright© うぃんのFF14攻略ブログ , 2020 All Rights Reserved.