ジョブ関連

【Lv80】モンクはどう?なにか変わった?

投稿日:2019年7月31日 更新日:

モンクLv80ー!うぃんです。

パッチ5.0でのモンク。とても使いやすく、操作していてすごく楽しいです。

これからレベリングするよ!という方に向けて、モンクについて詳しくまとめてみました!

スポンサーリンク

疾風迅雷について復習!

モンクの特徴といえば

この疾風迅雷!

迅雷を素早く最大数まで溜めて、それを維持しながら立ち回る。

今までは「3」が最大数でしたが

Lv76で特性「疾風の極意」を修得することで、念願の疾風迅雷4を修得!

 

迅雷4、つまり

自身の与ダメージを40%上昇
オートアタックの攻撃間隔を20%短縮
ウェポンスキルのリキャストタイムを20%短縮 (GCDが早く回るということ)

になります。ただし疾風の構え時限定。

なのでLv76以降、開幕の立ち上がり時以外は

疾風の構えで立ち回っていくのが基本になります。

 

以前よりも使いやすく、より楽しく!

新スキルを紹介の前に、以前とは大きく変わったスキルが複数あります。

変更のおかげで、以前はストレスだった部分が大きく改善されました!

マントラ

効果範囲が7m → 15mに!

 

「ご、ごめんよマントラ届かなかった」ということがなくなって嬉しいです。

演武

注目は「疾風迅雷の効果時間を最大まで延長する」の部分。

以前までは

次の敵までに演舞で参の型を付与 → 敵と合流すれば破砕などを撃つ → 迅雷を維持できる

こんなふうに使っていました。

ただ、このように準備をしていても

迅雷が切れてしまえば意味がない。そしてタイミングよく敵と合流できるとも限らない。

このストレスが大きく変わって

今までと同じように演舞で参の型を付与 → ここから再び演舞すると、付与されている疾風迅雷の効果が最大まで延長される

つまり演舞をずっと回していけば、付与されている疾風迅雷が切れることはないです。

道中以外にも様々な場面で役に立つ演舞。

個人的になによりも嬉しい変更点です。

闘気

戦闘中以外では、ボタンを1回押すだけで最大まで付与されるようになりました。

これもホント嬉しい変更点。

金剛の極意

実行すると金剛の構えが付与される効果が削除
金剛の決意に新たな効果が追加

使いどころが難しい…使ってもそれほど効果を感じないスキルでしたが大きく化けました。

使い方は、まず金剛の極意を発動させます。

すると、赤○のマークが自分に付与。時間は30秒間。これだけでは何の効果もありません。

このマークを付与後、自身がダメージを受けると

マークが「金剛の決意」に変化します。ここで初めて効果を発揮。時間は30秒間。

決意の効果は

自身の被ダメージを10%軽減
方向指定攻撃を全て成功させる

金剛の決意効果中、どの方向から攻撃しても成功させることができます。

どんなときに使うの?

ボスの全体攻撃や頭割り攻撃に合わせて使おう。リキャストも60秒と短いです。積極的に!

紅蓮の極意

スロウが削除されました!引き換えに与ダメージ上昇が30 → 25%に。

 

個人的には嫌いでなかったスロウの効果。

ですがパッチ5.0では

発勁
鉄山
空鳴
○○羅刹衝

これらのGCD中に挟めるスキルが削除されています。

与ダメージが少し下がっても、操作する上ではスロウなしのほうが嬉しいですね。

 

新スキルについて!

四面脚 Lv45
万象闘気圏 Lv74
無我 Lv78
六合星導脚 Lv80

これらが新スキル!

四面脚

モンクの新しい範囲攻撃です。発動条件は弐の型効果中なので

壊神衝 → 四面脚 → 地烈斬

このルートで使います。

双掌打の効果時間延長 (与ダメージ10%上昇) も付いていますが

双掌打をさきに。四面脚に付いているのは「効果時間延長」だけです。付与はされないので注意を。

万象闘気圏

闘気を使って発動する新スキル。

敵が2体以上であれば陰陽闘気斬ではなく、この万象闘気圏を使おう!

無我

型と迅雷の時間を停止させる
戦闘状態であれば、迅雷を最大時間まで延長
さらに継続的に迅雷を付与する
無我実行中、動いたりすると効果が終了する

型と迅雷の時間を停止、延長、これは演舞で間に合います。むしろ動けない無我では少し不安。

じゃあどこで使うの?

注目は「さらに継続的に迅雷を付与する」の部分。ここを生かして開幕の回しに組み込みます。

少し長くなってしまうので下記で詳しく!

六合星導脚

威力、追加効果、リキャストだけをパッと見ると

 

え!すごく強い!と思うのですが

このウェポンスキルは固有のリキャストタイマーを持ち、実行すると他のウェポンスキルにこのアクションと同じリキャストタイムが発生する

どういうこと?

六合星導脚を発動後、GCDがゆっくりと回っているのがわかると思います。

 

手数の多さで勝負するモンクとは相性があまりよくない。

使うとすれば

敵の範囲攻撃を避ける時
敵を倒す止めに
LBを発動する前に

かなと。ただ、六合はアビリティではなくウェポンスキル。

使うタイミングは、そのコンテンツのことを把握していないとなかなか難しい。

なんとかスキル回しに組み込めないかな、と色々試してみました。やっぱりLv80で修得したスキルなので使いたい。

どれもパッとしなかったです。研究がまだ足りないのかもしれません。

 

無我を使った開幕スキル回し

踏鳴のリキャストタイムが60 → 120秒になりました。

なので踏鳴は、できればラッシュ、蘇生時の保険として温存しておきたい。

そこで開幕は「無我」を使ったスキル回しが個人的にお気に入りです。

スタートの構えは「紅蓮の構え」

疾風迅雷3までは、与ダメージ10%上昇の効果がある「紅蓮の構え」が基本です。

紅蓮の構え
闘気最大
演舞で参の型まで

ここまでが準備!

開幕の流れ

羅刹衝 → 破砕 → 無我

破砕後、すぐに無我を使って

迅雷を1付与します。これでスタック数は2に。

無我を実行して迅雷が付与されるタイミングは1~3秒とムラがあります。ここはすぐに慣れるかと。

無我後は

双竜脚 → 双掌打 → 崩拳

ここで迅雷のスタック数は3に。

まずはここまでを練習!けっこう早い流れなのでリズムよく!

構えを「疾風の構え」に切り替える

崩拳後、すぐに「紅蓮の極意」を発動して

連撃 → 陰陽闘気斬 → 桃園結義 → 正拳突き → 疾風の構え → 崩拳

ここで迅雷を最大の4にします。

あとは

双竜脚 → 双掌打 → 破砕 (どこかで蒼気砲を忘れずに)

この回しが一番ピタッとハマリました。シンプルだし立ち上がりも早いと思います。

まとめ

羅刹衝 → 破砕 → 無我 → 双竜脚 → 双掌打 → 崩拳 → 紅蓮の極意 → 連撃 → 陰陽闘気斬桃園結義 → 正拳突き → 疾風の構え → 崩拳 → 双竜脚 → 双掌打 → 破砕

赤文字のスキルはGCD中に。

動画も撮ってみました。参考になれば!

 

さいごに

白魔道士、戦士、赤魔道士、モンクがLv80に!次は詩人を!

でも少し疲れました。しばらくゆったりプレイで過ごそう。ではでは!

-ジョブ関連

Copyright© うぃんのFF14攻略ブログ , 2019 All Rights Reserved.