その他

【漆黒のヴィランズ】赤魔道士について考察!

投稿日:2019年6月1日 更新日:

メディア情報を参考に、赤魔道士について考察してみました!

※参考リンク

スポンサーリンク

範囲スキル回しが少し変わる

スキャッター → 連続魔付与 → スキャッター

マナが30以上になれば

エンムーリネ!これが基本の流れでしたが少し変わります。

ヴァルサンダラ、ヴァルエアロラが追加

どちらも詠唱が短い魔法。赤魔道士になった時点で修得しています。

ヴァルサンダラ
対象とその周囲の敵に雷属性魔法攻撃。威力?
追加効果:ブラックマナを7上昇させる。

ヴァルエアロラ
対象とその周囲の敵に風属性魔法攻撃。威力?
追加効果:ホワイトマナを7上昇させる。

※威力は特性が+された数値しか分からないので?威力100と予想。(特性はLv78で修得。威力120)

対複数の場合、ヴァルサンダラ/ヴァルエアロラ → 連続魔付与~の流れに!

スキャッターが詠唱の長い魔法に

スキャッターは詠唱が長い魔法になります。なので連続魔で。

ヴァルサンダラ/ヴァルエアロラ → 連続魔付与 → スキャッター

スキャッターといえば30%で発動する追加効果が魅力でしたが

ブラック/ホワイトマナを10上昇させる追加効果は削除されることに。

インパクトはスキャッターの上位互換に

単体魔法だったインパクトですが

Lv66でスキャッターの上位互換になります。スキャッターがインパクトに変化するということ!

インパクト
対象とその周囲の敵に無属性範囲魔法攻撃。威力220。
ブラック/ホワイトマナを3上昇させる。

スキャッターと同じく詠唱が長い範囲魔法に。

赤魔道士は他のジョブと比べてあまり変化しませんが

インパクトだけはガラッと変わるので注意。少し混乱してしまいますね。

エンムーリネの発動マナが20/20に!

範囲殲滅には欠かせないエンムーリネ。

発動条件であるマナが30/30 → 20/20に!とっても使いやすくなります。

 

ヴァルフレア、ヴァルホーリーについて

XHBに登録できなくなり、発動条件を満たすと

ヴァルサンダー → ヴァルフレアに変化
ヴァルエアロ → ヴァルホーリーに変化

自動で変化するようになります。

最初は少し戸惑うかも。すぐに慣れるかな?

 

テザーが削除

コンテンツによっては大活躍だったテザー。

削除されてしまいます。

 

マナフィケーションがパワーアップ!

Lv74で特性を修得すると

リキャストタイムを110秒に短縮。
自身の与魔法ダメージを5%上昇。効果時間10秒。

の効果が追加されます。とってもパワーアップ!

 

新スキルを考察!

アンガジェマン (Lv72修得)

対象に物理攻撃。威力150。
リキャストタイマーを「デプラスマン」と共有する。

デプラスマンの「後方に飛ばない」バージョン。

ただ、デプラスマンは

Lv72で特性を修得すると威力が上昇します。

基本はデプラスマン。飛べない状況ではアンガジェマンと使い分ける感じに。

ルプリーズ (Lv76修得)

ブラック/ホワイトマナ10で変化するスキル。

エンルプリーズ
対象に無属性魔法攻撃。威力300。
発動条件:マナ10/10

コンボではなく、単発で高威力な中距離魔法攻撃。

 

ダンジョンの道中などで「あと少しで倒せる!」というときに便利ですね。

あとはマナフィケーションを使いたいけどマナが「50~/50~」というときの調整用に。

スコーチ (Lv80修得)

対象に無属性魔法攻撃。威力700。
コンボ条件:ヴァルフレア/ヴァルホーリー。
追加効果:ブラック/ホワイトマナを7上昇。
発動条件:ヴァルフレア/ヴァルホーリー成功時。

ヴァルフレア/ヴァルホーリーの後に繋がる〆魔法攻撃。

発動条件を満たすとジョルラ → スコーチに変化します。

 

さいごに

白魔道士と赤魔道士が好きなので、どうしても気になってまとめてみました。全て最終調整前の情報なので注意です。

こうして考察するのも拡張前のお楽しみ!寝る前に色々な考察を見るのが最近の楽しみです。ではでは!

-その他

Copyright© うぃんのFF14攻略ブログ , 2019 All Rights Reserved.