新規・初心者

巴術士は変わった特徴がある初期クラス!魅力をまとめてみました

巴術士はゲームスタート時に選べる初期クラスの中で変わった特徴をもっています。まとめました!

スポンサーリンク

初期クラスはジョブのベースになる

ゲームスタート時に選べるクラスは、後になるジョブのベースとなります。

クラス ジョブ
剣術士 ナイト
斧術士 戦士
幻術士 白魔道士
巴術士 学者/召喚士
格闘士 モンク
槍術士 竜騎士
双剣士 忍者
弓術士 吟遊詩人
呪術士 黒魔道士

このベースが巴術士だけ特徴ある仕様となっています。

 

巴術士は学者/召喚士へ!

学者のベースは巴術士、召喚士のベースも同じ巴術士です。

なので巴術士は他のクラスと違い学者と召喚士、2つのジョブになる道が開けます。

 

よくわからない、何がお得?

召喚士になりたくて、巴術士から召喚士になりました。

赤○は巴術士、青〇は召喚士。ベースが巴術士なので必ず同じLvになります。

緑〇は学者です。まだ学者のジョブを開放していないので-に。

学者を開放してきました。赤○に注目!

 

召喚士を育てていたけど、いつの間にか学者も同じLvに!

ベースが同じ巴術士なので、召喚士を育てていけば学者も同じLvになります。もちろん逆でも同じ。

 

こんなときに便利!

ジョブになれるタイミングで学者/召喚士、どちらも開放しておくと便利です。

討伐クエストやインスタンスバトルは攻撃力の高い召喚士で。

ダンジョンなど、マッチングが関係するコンテンツは学者で。

学者はパーティプレイでの役割がヒーラーなので待機時間が召喚士と比べて短めです。

こんなかんじで学者と召喚士、どちらも使い分けて遊べるのが巴術士の魅力!

 

注意点

ベースは同じ巴術士ですが、パーティプレイでの役割は大きく異なります。

学者は味方を回復するヒーラー役、召喚士は攻撃役です。

例えば学者で召喚士と同じ立ち回りをしているとパーティは壊滅してしまいます。

学者と召喚士、どちらも役割に合った専用スキルを修得していきます。ジョブクエストは必ず受けよう。ではでは!

-新規・初心者

Copyright© うぃんのFF14攻略ブログ , 2020 All Rights Reserved.